単身赴任で借金が増える?単身赴任の時に注意しなければならないこと

実は多い!単身赴任での借金!

実は単身赴任の時に借金を作ることが多いということをご存知でしょうか。本来であれば家族のため、将来のためにお金を稼ぐことが目的であるはずの単身赴任ですが、単身赴任が原因で借金ができてしまうと言う例は少なくありません。そして単身赴任の時にできて借金は、その性質上、すぐに気付かず借金が大きくなって気付くと言うことがほとんどです。

単身赴任で遠方に行ってしまった単身赴任者が作る借金はまずその性質があまり良いものではありません。たとえば異性に費やしたり、ギャンブルに費やしたりすることがほとんどです。そのこともあって更に単身赴任者はその借金をできるだけ隠そうとします。単身赴任者の借金が、発覚が遅れがちになるのはこのような理由も含まれています。

普段遊んでいない人ほど要注意

単身赴任で家族から離れた場合にはその自由な時間を満喫するあまりに借金が増えます。もし仮に普段から自由に遊んでいるような人物であれば実はそれほど危険ではありません。本当に危険なのはまじめな人物、特に遊びだしたときに遊びと本気の区別がつかないような人物は特に注意が必要でしょう。家族と離れた寂しさから普段はしないような遊びに手を出すことも少なくないのです。

このような借金は、遠方の家族からは確認しづらいということに加え、本人が隠そうとすることから借金は大きくなります。結局最終的に借金が判明した時にはもう既に多くの借金を作ってしまっていたり、支払いが限界を超えているようなことも少なくありません。

単身赴任の借金を避ける方法

では、このような単身赴任で取り返しのつかない借金を抱えることを防ぐためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。まず、本人にできることは何のために単身赴任をしているかを良く考えることです。多くの場合は遊ぶために来ているということはないでしょう。家族のために、自分のために、会社のために来ているということを忘れずに日々を過ごさなければいけません。

大切なのはこまめに連絡を取ること

ところが、いくら本人が家族のことを考えていても甘い誘惑に勝つことは難しい場合も少なくありません。そのようなときにはやはり家族の支えが必要なのです。ある程度の間隔で定期的に連絡をして、できるだけ長期間放置することは避けるべきです。定期的に連絡を取り合うことで相手が良からぬ方向に進んでしまっているときも早めに気付くことができるでしょう。

余りに単身赴任の期間が長期に渡るのであればある程度の期間を決めて訪問したりする必要もあるでしょう。できる限り短い間隔で連絡や訪問をすることが大切であると言えます。更に宿泊先を訪れたり、その単身赴任先の観光スポットなどを一緒に回ったり、その地域のおいしい食べ物の店を一緒に訪れたりすることも大切です。

単身赴任は結構さびしい

本人にいくら自由を満喫するという目的があったとしても、単身赴任での生活はふとした時に寂しさを感じるものです。家族と一緒に過ごしていたときには感じることのできない寂しさに直面した時に、家族がいつ来るか分からいという状況と、ある程度先に来る予定があるのとではその後の行動も大きく変わってきます。

自分の馴染みのない地域で、いつもそばにいるはずの家族がいつ来るかもわからない、そんな単身赴任ではお金を使って寂しさを紛らわすしか方法はないのです。

閉じる